<

キーワード集

  • home
  • keyword top

生活習慣病

key word
lifestyle related disease
意味
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、病気の発症や進行に関わるような疾患群のこと。肥満や糖尿病・高脂血症・高血圧、それらが要因となる虚血性心疾患(心臓を動かす筋肉に血液を送る血管が狭くなったりつまったりして起こる心臓の病気の総称、狭心症や心筋梗塞など)脳血管疾患(脳の血管の障害による病気の総称、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血など)をはじめとして、大腸や肺のがん、アルコール性の肝機能障害、歯周病なども含まれます。
時間生物学との関わり
40歳代頃から発症しやすくなることから、かつては「成人病」と呼ばれていましたが、不適切な生活習慣が要因となって高脂血症・高血圧や肥満が子供も含めてどの年代にも起こりうることから、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。 ‌ただ、生活習慣だけが発症の要因ではなく、脂肪細胞の機能などの体質によっても発症しやすいかどうかが左右されると考えられています。
参考文献
○わかる実験医学シリーズ「生活習慣病がわかる」 (羊土社、2005) p12
○「健康栄養学」 (共立出版、2005) p165
  • Back
  • Next