<

キーワード集

  • home
  • keyword top

タンパク質

key word
protein
意味
L-アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生命活動維持に重要な組織を構成する部品としての役割や、アミノ酸の貯蔵や体内でのさまざまな化学反応の仲介役としての役割をもっています。
時間生物学との関わり
体内のタンパク質は絶えず分解され、その一方で新しく合成されていて、体内の生理状態を環境変化に適応させるのに役立っていると考えられています。タンパク質の合成にもサーカディアンリズムがあるとされます。
‌タンパク質の構造を決めるアミノ酸の並び方は、遺伝子にコード化された情報として記憶されています。ヒトのDNAにはタンパク質をコード化する遺伝子が2~3万個あると考えられています。生物時計の機能を司る遺伝子もその中に含まれていて、時計機能を構成するタンパク質が体内に存在しています。
参考文献
○「健康の栄養学」 (共立出版、2005) pp.36-39
○「生物時計の分子生物学」 (シュプリンガー・フェアラーク東京、1999) PP.8-11
  • Back
  • Next